人気ブログランキング | 話題のタグを見る

芍薬の摘花

芍薬の摘花_f0162400_21265055.jpg


今年も芍薬の季節がやってきました(4月末〜5月半ばまで)。芍薬は冬のあいだ地中に眠り、毎年同じ時期、春の気配が感じる頃、めざめて赤い芽を出します。温室栽培じゃない露地の花って、感動があります。

まずは「芽欠き」という作業。育てたい部分に集中して地中の養分や水分をおくります。芍薬のつぼみは蜜がいっぱい。なめてみたら濃くて甘い。葉っぱを落とさないように、慎重に脇目を取ります。
芍薬の摘花_f0162400_21271769.jpg

大谷芍薬園では、先代が独自に品種改良したものの含めて50種類くらいありますから(出荷は20種類ほど)、咲く時期はまちまちです。株の大きさにもよりますが、現状、一つの株から5〜8本くらい茎が伸びています。収穫は3〜5本。夏の間、光合成して株に栄養を送ることができるように、最低3本は株に残します。

脇芽を取り、株の中で大きく育ってるつぼみを3〜5個残して、後は頭(つぼみ)を落としてしまいます。ちょっと可哀想ですが・・・

芍薬の摘花_f0162400_21272835.jpg

咲くとこんな風です。


芍薬の摘花_f0162400_21331241.jpg

小さい方の芍薬畑
by otaninoen | 2009-04-17 00:46